複数の人で共有し、便利に使えるグループウェア

グループウェアとは、パソコンのソフトウェアの一種です。
社内全体もしくは特定の部署のみでも、使うことを認められた人同士で一緒に使えます。

会社だけでなく、趣味のグループや友人同士のグループで共有して利用できます。具体的などのようなものかというと、社内で何人かのグループで1つの仕事をして簡単な打ち合わせをする場合に、決められたメンバーでチャット機能を使い会話をするように短いメッセージで、やり取りができます。



社内にいなくても、出張先や離れた場所からでもできます。



また、スケジュール管理のグループウェアを1つの部署で共有する場合、予定を記載したファイルを部署内の人間が確認できることで、顧客からの問い合わせや、面談の約束をする場合も、本人が不在であってもスムーズに行うことができます。

予定を入れた場合は、本人がソフトの画面上から見られます。



近年のグループウェアは、専門のシステムを使って構築するものだけでなく、クラウドサービスで提供されているサービスを使用して安価な料金で利用できるようになりました。

企業だけでなく、個人間の利用もできるようになっています。

また、パソコンからだけでなく、スマートフォンのアプリを通じても使えるようになりました。

会社で作成した文書を、社外でスマートフォンのアプリから接続して、確認も行えますし、ワープロや表計算ソフトのグループウェアに対応しているなら、共有のフォルダに保存して修正や見直しもできるようになっています。